2017年04月27日

【宮城】猫の島田代島の魅力

1.JPG

猫の住む田代島の魅力についてご紹介します。

@島民より猫の数が多い

野良猫でも家猫でもない地域猫たち。
ある程度固まった場所にいるものの、集落から離れた場所でも遭遇する事がありました。
歩いていると向こうからやってきて、ひとなですると去って行く。
何かをせがんだりする訳でもなく、ただ挨拶してくれているみたい。

2.JPG

4.JPG

7.JPG

5.JPG

8.JPG

10.JPG

20.JPG

この島では昔養蚕が盛んで、カイコの天敵ネズミを駆除する為猫が重宝され
今でも大切にされ暮らしています。

A猫神社

猫神様を祀る猫神社。
ここを守っているのか、1匹の猫が迎えてくれました。

12.JPG

かつて猫が大漁を招くと信じられていたので、大漁を願い猫を祀る神社が建てられました。

11.JPG


Bマンガアイランド

13.JPG

14.JPG

猫の顔を模したロッジ。
漫画家のちばてつや先生と里中満智子先生がデザインしています。
内装もそうそうたる漫画家の先生が担当。
4月〜10月の間なら宿泊可能です。

このあたりにも猫がたくさんいます。

15.JPG

17.JPG

16.JPG

C海がきれい

18.JPG

島の周りの海がすごく綺麗。
見ているだけで癒されます。

19.JPG

Dカキやアワビ、ウニがとれる

田代島は漁業が盛んな島。
時期によってカキやアワビやウニがとれます。
今回は機会がなかったけど、次は島の民宿に泊まってとれたての魚介が食べてみたい。

21.JPG

田代島の猫は向こうから来るくせに甘えてくるわけじゃなく、かといって警戒心をもって近付かないわけでもなく、大人な距離感で触れ合う事ができるのも気に入りました。

23.JPG

22.JPG

★猫への餌やりと犬の上陸は禁止なので注意★



posted by マリ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

【宮城】猫の島田代島への行き方

宮城県石巻市にある田代島は元祖・猫の島と呼ばれる猫がたくさん住む島。
ずっと行ってみたかった島へ行ってきました。
石巻から1日数便フェリーが出ています。

石巻市街からフェリー乗り場までバスもありますが
本数があまりないので徒歩で行きました。20〜30分位。

1.JPG

綱地島ライン発着所で切符を購入。

2.JPG

3.JPG

仁斗田港まで往復で3800円。
切符の裏に肉球!

4.JPG

ここで島の地図がもらえるので忘れずに。

6.JPG

田代島には大泊と仁斗田の2つの港がありますが
災害復旧工事の為2017年4月現在大泊港へは泊まりません。
猫が多いのも仁斗田なので猫目当てなら特に問題なし。

石巻港からは9時、12時、15時半の3便が出ています。
戻りのフェリーの事も考え、日帰りなら9時に乗るのがオススメ。

5.JPG

7.JPG

8.JPG

出港

10.JPG

9.JPG

50分で田代島・仁斗田港へ到着。

11.JPG

12.JPG

帰りは14:12か15:33発のフェリーで石巻へ戻ります。

島には食事をできるような場所がほとんどありません。
唯一みつけられたのがこのお店。

17.JPG

14.JPG

マーボー丼おいしかった。

15.JPG

食器は全て猫。

16.JPG

不定休なので念のため食べ物を持参したほうがいいかもしれません。

田代島の猫達

13.JPG

19.JPG

18.JPG

20.JPG

猫は島のあちこちにいます。
あてもなく徒歩でぶらぶらすると思わぬ所で遭遇できて楽しいです。





posted by マリ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石巻ASATTEのモーニング

3月末ですが、一ノ蔵の日本酒大学のついでに石巻まで足をのばしました。
石巻へ行くのは初めて。
本当はもっと早く来たかった場所です。

東京から夜行バスで行くと、到着が朝の6時半。
この時間から開店しているお店はあまりないですが、朝食にいいお店をみつけました。

1 (2).JPG

石巻ASATTE
きょう、あした、あさって
日々の暮らしをおいしく、ゆたかに、心地よく

2.JPG

2016年の11月に被災地の再開発事業で建てられたもの。
石巻の特産品、雑貨を売るショップとレストラン、上の階にはマンション入っている複合施設。

日高見レストランレストランは朝7時からモーニングを提供しています。

1.JPG

4.JPG

3.JPG

トースト・卵料理・コーヒーのモーニングセットは500円。

5.JPG

6.JPG

スクランブルエッグがおいしい!
クリームのまろやかさに適度な塩加減で絶妙な味わい。

隣に併設されたショップでは石巻の特産品やかわいい雑貨が売られていました。
石巻に来たら要チェックのお店です。

----------------------------
石巻ASATTE
TEL:0225-25-7905
住所:宮城県石巻市立町2丁目5−5
----------------------------


posted by マリ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

Now everyone can fly!

Now everyone can fly.
今は誰でも飛べる。

エアアジアのキャッチコピーです。

マレーシアでは所得が低く、飛行機に乗るなんて裕福な人だけでした。
そこで、誰もが飛行機に乗って旅できるようにしたいと、格安で航空券を販売し始めたのがエアアジア。
今では列車やバスに乗るように飛行機に乗ることができるようになりました。

今、世界中どこでも行きたい場所に行ける訳ではありません。
行ける場所がどんどん少なくなったし、どこでどんな残虐な事件に巻き込まれるかも分からない。
日本にいても弾道ミサイルが飛んで来るなんて話もある訳だけど、、、

こんな世界だけど、それでももっと世界を見たいと思う。
まだ食べたことのない物を食べて、見たことのない景色を見て、
そこへ行かなければ絶対に出会えなかった人や価値観と出会う。

みんなが飛べる時代なんだから、
行きたいと思ったら行かないと本当にもったいないです。
命を第一に、でも正体不明の恐れに負けないで。

1.JPG

posted by マリ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

美食ブロガータイの旅6日目

タイ国政府観光庁(TAT)とタイエアアジアが共催している「ブロガーGo!第2弾 美食ブロガー」 の旅もついに最終日。

最後の朝ごはんはホテルで。
ブッフェとオーダー式メニューがあり、1時間半もかけてゆっくり朝食。
これはマンゴーのワッフル。

DSC_2471.JPG

とろとろのマンゴーとキャラメールソースがよく合ってる。

この後はチェックアウトまで部屋でごろごろ。
ホテルのベッドが気持ちよすぎてもっと滞在していたかったな〜。

次の予定はタイ料理教室。
トムヤンクンとグリーンカレーを作ります。

DSC_2484.JPG

石臼で材料をすりつぶす所からなので結構疲れました。

DSC_2488.JPG

手伝ってもらいつつ完成。

DSC_2489.JPG

なかなか美味しくできました!

この後はサイアムエリアでフリータイム。
狙っていたムーミンカフェに行ってみました。

DSC_2500.JPG

癒された〜。

またみんなで集合して夕食の店へ。

DSC_2513.JPG

Nopparatという地元で有名なお店らしい。
最後におなかいっぱいタイ料理を頂きました。

このままドンムアン空港へ向かい深夜日本に向けて出発。
あっという間の1週間でした。

これでもかと言うほどタイ料理を食べさせてもらえて幸せこの上ない。
一緒に旅したブロガーさんたちとも仲良くできたし、エアアジアや関連のスタッフの皆さんもいい人で別れるのが寂しかった。

ブロガーと言っていいのか、ただ好きなことを書いているだけの私に
こんな機会を頂いたタイ国政府観光庁様とエアアジア様には心から感謝しています。
これからじっくり、ブログに書いていけたらと思います。

美食ブロガータイの旅まとめ
1日目
http://kaiganfu.seesaa.net/article/449135025.html?1493039976
2日目
http://kaiganfu.seesaa.net/article/449169123.html?1493040010
3日目
http://kaiganfu.seesaa.net/article/449200244.html?1493040040
4日目
http://kaiganfu.seesaa.net/article/449254452.html?1493040081
5日目
http://kaiganfu.seesaa.net/article/449300599.html?1493040105



posted by マリ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする