2017年02月24日

【八海山蔵元ツアー】八海醸造の社員さんと懇親会

楽しみにしていた夕食の時間。

1.JPG

「魚沼の里」にあるブランドゥブランというオシャレな建物での懇親会。
先ほどまで発酵料理教室をした場所です。

2.JPG

3.JPG

盛りだくさんのメニュー。

4.JPG

お酒はもちろん八海山。
乾杯のお酒は「純米大吟醸 浩和蔵仕込」

5 (2).JPG

このお酒用に作られたグラスで乾杯。

6.JPG

香りがたってまろやかに感じます。

他はここでしか飲めないという貴重な大吟醸と、八海醸造で作っているクラフトビール。
もちろん好きなだけ!

7.JPG

夕食には八海醸造のいわゆる杜氏である製造部長の南雲さんと若手のホープ2人の男女が
いらして一緒に食事を。

ちょうどすぐそばに南雲さんが座ってくれました。
酒造りに対する熱い思いを語りながらも目はしっかり私達の杯を見ていて、
空になる前にどんどん注いでくださるので、なんとも贅沢だなと思いつつ遠慮なく頂きました。
八海山のお酒は料理の邪魔をせず、するすると飲めてしまいます。

8.JPG

食事も食べきれないくらいたくさん出てきました。

9.JPG

10.JPG

11.JPG

14.JPG

15.JPG

他にも色々と。


私たちが作ったシュウマイも登場。

12.JPG

13.JPG

八海山って和食にも洋食にもシュウマイにも合う!を身をもって体感しました。

お酒も料理もおいしいけど、社員の方とお話できたのがとてもよかった。
南雲さんのお酒に対する情熱(普通に飲むのもかなりお好きだそう)に心打たれ、
若手の2人からも実際の酒造りの現場の話を聞けたり、
お酒と関係ない話でも盛り上がれて、すごく楽しかった。

おなかいっぱいになって、かなり酔っぱらって、会はお開き。

宿に戻ったら目の前の八海山と星空がきれいでした。

16.JPG

17.JPG

そして宿で二次会がスタート。
二次会のお酒も夜食も用意してくれていて、八海醸造さんのおもてなし力がすごいです。

18.JPG

といっても南雲さんにかなり飲まされたので早々にダウンしてしまいましたが。

八海山最高です。



posted by マリ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

【八海山蔵元ツアー】発酵料理教室でシュウマイ作り

八海醸造の社員食堂の料理長による発酵料理教室。

1.JPG

お酒だけじゃなく発酵食品にも力を入れている八海醸造ならでは。

2.JPG

参加者が3テーブルに分かれてシュウマイを作ります。

3.JPG

4.JPG

みんなで分担して玉ねぎ、お肉、長ネギ、エビ、干し椎茸をみじん切りに。
お肉は塩こうじを入れてよく混ぜます。

材料を混ぜるのはテーブル唯一の男性にお願いしてしまいました。

5.JPG

6.JPG

次にヘラを使ってネタを皮で包んでいきます。
先生がお手本を。

7 (2).JPG

やってみるとこれが見た目以上に難しい。
包み終わった写真を見てもらえばわかると思います。

8.JPG

もうひとつ、もち米で包んだシュウマイも作ります。

9.JPG

10.JPG

皮で包んだものは蒸し器で7分、もち米のものは12分蒸し上げればできあがり。
あとはスタッフの方にお任せ。
このあとの懇親会の1メニューになるそうです。
楽しみ!というよりこんなんでちゃんとできあがるのか心配、、、



posted by マリ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

【八海山蔵元ツアー】八海山を望む

1.JPG

蔵見学が終わったあと、一旦本日の宿に荷物を置きに行きました。

2.JPG

3.JPG

4.JPG

半分雪に埋まってますけど。

今は社員寮のようになっていますが、もともとは老舗旅館。
いい雰囲気の建物です。
魚沼の里で食べたそば屋の長森も、もともとこの場所にあったそば岡寮が移転したものだそうです。

5.JPG

11.JPG

6.JPG

7.JPG


宿から出ると目の前に八海山がきれいに見えました。

8.JPG

9.JPG

山頂には8つの峰。
こんな形の山だとは初めて知りましたが、すぐ覚えられる。

実際に山の八海山まで見て、日本酒「八海山」に対する親しみがどんどん増してきました。

10.JPG



posted by マリ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

【八海山蔵元ツアー】蔵見学と雪中貯蔵庫

「魚沼の里」敷地内に本醸造・普通酒などの定番酒を製造をする「第二浩和蔵」があります。

1.JPG

普段は見学は受け付けていませんが、今回は製造部長の案内で中を見せてもらいました。

2.JPG

日本酒のつくりかたの説明から。

3.JPG

麹室

4.JPG

ちょうど種麹をふりかけている所。

5.JPG

6.JPG

この日の朝絞ったという原酒をふるまって頂きました。

7.JPG

8.JPG

甘い!

仕込み室

9.JPG

絞り機

10.JPG

製造部長直々に八海山のこだわりなんかも聞けてとてもよかったです。


続いて八海山雪室へ。

11.JPG

12.JPG

1,000トンの雪を収容する雪中貯蔵庫。

14.JPG

年間を通じて約4度前後で、日本酒や野菜を貯蔵している。

15.JPG

雪国ならではの知恵。

16.JPG

17.JPG

ここは誰でも無料で見学可能です。

雪中貯蔵庫の隣は焼酎貯蔵庫になっています。

18.JPG

19.JPG

最長5年ここで貯蔵し指定した日に届けるというメモリアル焼酎のサービスもありました。

20.JPG

21.JPG

特別な日のためにやってみるのも素敵。

そのすぐ隣は試飲カウンター。

22.JPG

23.JPG

日本酒はもちろん焼酎、梅酒、甘酒も試飲する事ができます。

雪中貯蔵庫で3年熟成させたお酒を試してみました。

24.JPG

心なしかまろやかに感じる。

実際に作っている一部を見て、貯蔵している場所を見て、だとよりおいしく感じる。
ちょっとひいき目で見てしまうのはしょうがない。
でも本当においしいです。




posted by マリ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【八海山蔵元ツアー】南魚沼の豪雪地帯へ出発

1.JPG

東京発10:16
MAXとき315号に乗り込みました。

2.JPG

新潟の銘酒「八海山」の作り手である八海醸造主催の蔵見学のセミナーに参加するためです。
場所はおいしいコシヒカリの産地、南魚沼。

ホームで買ったお弁当とビール。

3.JPG

新幹線の旅、楽しい。

いくつかの長いトンネルを抜けると、この雪景色!

6.JPG

5.JPG

4.JPG

トンネルの度にこの景色を期待して何度裏切られたことか。
見えた時には車内のあちらこちらで歓声が。みんな同じ気持ちなんだな。


集合場所の浦佐駅までは1時間半ほどで到着しました。
改札口で八海醸造の広報の方や今回の参加者14名が集合しツアースタート。

7.JPG

早速バスで移動します。

8.JPG

着いたのは「魚沼の里」

9.JPG

八海醸造が運営する、そば、うどん、スイーツなどのお店がある商業施設。
まずは各自好きな場所でランチを取るよう言われました。

評判の良いおそばのお店にしました。

10 (2).JPG

10.JPG

「そば屋長森」

11.JPG

12.JPG

13.JPG


これからたくさん飲むんだろうけど、まずは八海山の吟醸。

14.JPG

15.JPG

十割そば

16.JPG

濃いめの江戸前つゆと薄味の魚沼風の田舎つゆの2種のつゆを選べます。(両方でもOKです)

玉子焼き

18.JPG

コシヒカリ

17.JPG


食事のあと少し時間があったので付近を散歩。

19.JPG

20.JPG

見渡す限りの雪景色。

21.JPG

本当に日本って美しい国なんだなって思う。
この景色が見れただけでも魚沼に来てよかったかも。



posted by マリ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする