2016年12月03日

サントリー山崎・有料試飲コーナー

3.JPG

見学ツアーのあとは有料試飲コーナーへ。

1.JPG

見学ツアーの様子はこちら。
http://kaiganfu.seesaa.net/article/444545117.html

試飲スペースのそばにあるずらっと並んだ原酒のボトルも見所のひとつ。

2.JPG

メニューが何枚も何枚もファイリングされていてめくるごとにどれにするか悩む。

7.JPG

6.JPG

8.JPG

ここでしか飲めない原酒も多数揃えられていました。
たくさん飲みたかったけど1人だったので2杯にしました。

こちら

4.JPG

山崎18年と響21年

5.JPG

山崎はモルトのみで響はモルトとグレーンをブレンドしたウイスキー。
そんなウイスキーの分類なんてしばらく前まで全く知らなかったのに今や一人で蒸留所にまで来るようになるなんて不思議です。
興味を持ったらまず足を踏み入れてみるのが大事。
自分が動くから世界は広がって行く。

芳醇な香りと長く続く心地よい余韻が最高です。


posted by マリ at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サントリー山崎・工場見学ツアー

1.JPG

京都の紅葉は終わりかけなのでこっち(お酒)にシフトチェンジ。
サントリー山崎工場の蒸留所見学ツアーに行ってきました。
ちょうど光明寺の隣駅だったし、なかなか予約の取れない見学ツアーに前日ぽこっと1名空きが出たのをみつけてラッキーでした。

2.JPG

山崎駅から徒歩10分。
踏切を渡ると大きなポットスチルが迎えてくれます。

3.JPG

4.JPG

見学ツアーは有料(1000円)ですが、実際の蒸留所の中を歩けたり、一般では市販されていない貴重な原酒も飲めるので期待大。

5.JPG

6.JPG

7.JPG

集合して簡単にウイスキーの作り方を教わったら、まずは仕込みが行われている部屋へ。

8 (2).JPG

8.JPG

9.JPG

10.JPG

大麦から麦芽を作り、仕込み水と共に入れて麦汁を作るのがこの部屋。

その後は蒸留室へ。

11.JPG

いくつも並ぶ金色のポットスチル(蒸留釜)で2度蒸留します。

12.JPG

13.JPG

14.JPG

ここでできるのがニューポットと呼ばれる無色透明のウイスキーのもと。
勢いよく流れて来ているのが見えました。

15.JPG

16.JPG

これを樽で熟成させるとウイスキーの色になっていきます。

17.JPG

最後に貯蔵・熟成庫。

18.JPG

ウイスキーの香りで満たされクラクラ。

20.JPG

22.JPG

19.JPG

これだけ樽が並ぶと壮観。

1924年の日本で一番古いウイスキー樽。

21.JPG

山崎のこだわりは多彩な原酒の作り分け。
何種ものポットスチル、何種もの樽、そして熟成期間を分けた様々な原酒を作り、それらをブレンドして作られる。
その一端を見れたようで勉強になりました。

一通り見学したあとは場所を移して試飲タイム。
やっぱりこれが楽しみ。

23.JPG

テーブルにはホワイトオーク樽の原酒、ワイン樽の原酒、山崎が置かれていました。

24.JPG

樽によって全然違うのが面白い。
山崎はさすがバランスがよくておいしい。

26.JPG

25.JPG

最後に、山崎をこの場所の天然水のソーダで割ってハイボールに。

27.JPG

同じ土地の水なので相性ばっちりでおいしかった。

28.JPG

充実した内容で最初から最後までワクワクしながら見学できました。

29.JPG

このあとはもっとワクワクする有料の試飲カウンターへ向かいます。

つづきはこちらhttp://kaiganfu.seesaa.net/article/444545936.html




posted by マリ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

【紅葉2016】京都・グラデーションもみじの光明寺

1.JPG

紅葉を求めて秋の京都へ。

やってきたのは光明寺。

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

8.JPG

もみじ参道

9.JPG

10.JPG

11.JPG


11月末に訪れましたが京都の紅葉はどこも終わりかけでしたが、光明寺はまだ緑の葉も多い。
今しか見られない緑・黄・赤のグラデーション。
真っ赤もいいだろうけどこの絶妙な色合いもまたいい。

12.JPG

13.JPG

14.JPG



行き方
JR長岡駅よりバス20分または阪急長岡天神駅よりバスで10分。
この日は臨時バスが多数出ていました。


posted by マリ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

築地場外のセレブなウニBAR

1.jpg

ウニ料理のみ置かれた築地のお店「ウニバー kai一章」でちょっと贅沢な食事。

14.jpg

2.jpg

「ウニバー kai一章」は築地のお鮨の秀徳グループのひとつです。


お通し

3.jpg

ウニの昆布醤油漬けと甘エビ

4.jpg

本日のウニ産地食べ比べ三種

5.jpg

尾崎牛のウニ巻き

6.jpg

ウニの昆布しょうゆ漬けと甘エビがお酒が進む味で美味しかったです。
食べ比べはどこの産地か忘れてしまったんですが、メモしておきたいと思うほどの味じゃありませんでした。

9.jpg

日本酒やワインも種類豊富

12.jpg

8.jpg

7.jpg

バーというだけあって、オシャレな隠れ家風の店内。
1Fがカウンターで、2Fがソファ席になっています。

13.jpg

11.jpg

安い店ではないのでなかなか来ないと思うけど、たまにはセレブな気分でウニを食べるのもいいです。

-----------------------------
ウニバー Kai 一章
TEL:03-3543-5335
住所:東京都中央区築地4-14-17
-----------------------------




posted by マリ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

【湯島】アットホームな「きくち」でふぐ三昧

アットホームな湯島のふぐ料理の店「きくち」に行ってきました。

1.JPG

ふぐと言うと敷居が高そうだけどコースは3500円から。
3500円だとふぐ刺しがつかないのでつけたい場合は5500円。
更に唐揚げをつけると6000円のコースになります。
今回は6000円のコースです。

とらふぐの唐揚げ

2.JPG

とらふぐ刺し

3.JPG

白子(サービス)

4.JPG

煮こごり

5.JPG

とらふぐのしゃぶしゃぶ

9.JPG


とらふぐちり

8.JPG

10.JPG

雑炊

12.JPG

13.JPG

お酒はもちろんヒレ酒

6.JPG

7.JPG


いる間、予約の電話がひっきりなしにかかってきていました。
とても人気のお店です。
お料理もいいけどお店の大将とお母さんが仲睦まじくとてもいい雰囲気でこっちまでなごみます。

-----------------------------------
きくち
TEL:03-3839-3382
住所:東京都台東区上野1-12-2
-----------------------------------





posted by マリ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする