2017年03月31日

【一ノ蔵・日本酒大学A】宴会それは日本酒の楽しみ方を学ぶ授業

1.JPG

続いて、大崎市の古川駅そばにある日本料亭「芙蓉閣」に場所を移して日本酒の楽しみ方の授業。
宴会とも言うらしいですがお勉強です。

2.JPG

料亭のお料理

4.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

お酒は各テーブルにこれだけ。もちろん飲み放題。

5.JPG

6.JPG

7.JPG

明らかに飲みきれません。

途中、一ノ蔵の幹部社員の方々による留仕込唄の披露がありました。

8 (2).JPG

8.JPG

これは三段仕込みの最後、留仕込みの際に歌われていた唄。

他には生徒全員の自己紹介もあり、半数が宮城以外から来ていることにびっくり。
半分以上が女性でした。

お開きの後、本日の宿舎ルートイン古川駅前店にバス移動。
チェックインして荷物を置いたら希望者のみ1Fのレストランへ集合。
日本酒の楽しみ方の授業の復習の時間です。
二次会とも言います。

9.JPG

社員の方々ともたくさんお話できました。

手をかけ丁寧に造られているのを知っているから、
目の前のお酒をどれも大切に飲みます。

23時頃、この会もお開き。
意欲のある人は余ったお酒を部屋に持ち帰り自習の時間になります。
私はこのお酒で自習。

10.JPG

Madena(マデナ) 2013
マデイラワインの製法「酒精強化」と「加温熟成」を応用した長期熟成タイプの日本酒。
加温熟成には鳴子温泉の温泉熱を活用している。

「マデナ」とは、マデイラワインとかけているだけじゃなく
宮城の方言「までな(丁寧な)」「待でな(待って)」から取っているんだそう。
丁寧に造り熟成を待ちわびるという上手いネーミングです。

カラメルやドライフルーツのような甘みがあり芳醇な味わいで
日本酒と言われなければワインだと思ってしまいます。

一ノ蔵は発泡性のすず音や、低アルコールのワタシノオト、
甘口でフルーティなひめぜんなど、日本酒を飲み慣れていない女性にも
オススメできるお酒が多い。
日本酒を飲み慣れている私も好きですが。

日本酒の楽しみ方、みっちり勉強できました。


【一ノ蔵・日本酒大学@】入学しました
http://kaiganfu.seesaa.net/article/448620246.html?1491014280



posted by マリ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

【一ノ蔵・日本酒大学@】入学しました

4.JPG

宮城県の酒蔵「一ノ蔵」にて1泊2日で行われる「日本酒大学」に入学致しました。

1.JPG

「日本酒大学」は昭和58年に始まり今年は34回目。
1月にHPで告知されてすぐ申し込みをしたのに満席。
キャンセル待ちでなんとか入学することができました。

次年度の一ノ蔵の新入社員の方も合わせて60人弱の新入生。
お酒に関わる人、芸能人、動物占いを作った先生、記者、私のようなただの酒好きの人々、と様々な顔ぶれ。
黄色い半被が制服です。

2.JPG

普段は代表取締役社長である鈴木学長のご挨拶からスタート。

早速授業の開始です。

3.JPG

講義はテキストに沿って進められます。
お酒の総論から始まり、原料や造り方などの各論へ。

テキストは前もって自宅に郵送されてきたのでもちろん予習済み。
何も知識がないとついていくのが大変かもしれません。
それくらいの本格的な内容。
だけど興味のあることだから面白い。

座学の後はきき酒の実習。

劣化酒の飲み比べ。

5.JPG

劣化酒がどういうものか実際に飲めたのは勉強になりました。

こちらは色んなタイプのお酒を飲み比べ。

6.JPG

温度の違いによる味の変化の確認。

7.JPG


続いて蔵見学です。

8.JPG

2日目に酒造り体験があるので見学はさらっと。

10.JPG

9.JPG

12.JPG

11.JPG

13.JPG

見学を終えて講義室に戻ったらお菓子とジュースが用意されていました。

15.JPG

頭を使ったので甘いものが嬉しい。
ブドウ糖は日本酒造りにも学生の脳にもとっても大切です。


posted by マリ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

【高野フルーツパーラー】ひのしずく苺とせとかのフルーツコース

1.JPG

高野フルーツパーラーにてひのしずく苺とせとかのフルーツコースを。
横浜高島屋店限定の内容です。

2.JPG

苺のジュース

4.JPG

水菜とレンコンのさわやかサラダ〜苺とせとかのかほり〜

3.JPG

3 (2).JPG

ひのしずく苺とローストビーフのサンドウィッチ

5.JPG

ひのしずく苺とせとかのデセール

6.JPG

見るだけで幸せな一皿

8.JPG

苺のシャーベット

7.JPG

珍しいフルーツが食べられるのもこのお店のいい所。
「ひのしずく苺」は熊本県で生まれた苺で、
糖度が高く酸味が少ない苺です。
「せとか」はみかんの大トロと言われているらしいです。
大トロ??かはよくわかりませんが、甘くて香りもよく確かにトップに君臨できるお味でした。

来月のフルーツも楽しみ。



posted by マリ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする