2017年06月30日

【恵比寿】ソフトクリーム×リキュールのかわいいカフェ

4.JPG

ソフトクリームにリキュールをかけて食べるという発想に惹かれて来てみた恵比寿の「MiLKs」
リキュールなので大人の雰囲気かと思いきや白を基調としたいかにも女子が好きそうなインテリア。

1.JPG

メニューはソフトクリームとリキュールのセットのみで、リキュールの数や焼き菓子の数の違う3種類がありました。

2.JPG

MiLKs Houseというリキュール2種とプティフールが3種とヨーグルトがつくセットを注文。お値段1680円とちょっとお高め。

3.JPG

ソフトクリームは濃厚とさっぱりの2つから選べますが濃厚タイプを選択。

リキュールはなんと100種類あるそうで、とてもじゃないけど選べません。
甘いリキュール部門1位だというストロベリーと大人っぽいグラッパにしてみました。

5.JPG

どちらもそれぞれの良さがあり面白い。

トッピングとしてカラースプレー、カカオニブ、酒粕パウダーも用意されていました。

6.JPG

ソフトクリームはミルク感がしっかりしてこれだけで食べても十分おいしい。


7.JPG

---------------------------------
MiLKs
TEL:03-6277-5894
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-9-7
グランベル恵比寿西ビル 5階 
---------------------------------


posted by マリ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

長野の御射鹿池でアラスカを思い出す

画家東山魁夷の「緑響く」というよりAQUOSのCMと言ったほうが分かりやすいかもしれない。深い緑が水面にうつる幻想的な風景。

1.JPG

長野県茅野市にある御射鹿池(みしゃかいけ)です。

6.JPG

2.JPG

新緑の緑が水面にはっきりと映り美しい。

4 (2).JPG

4.JPG

5.JPG

3.JPG

観光バスがやってくるような有名なスポットで人も多いけど、
明け方の朝もやの中だとさぞ神秘的でしょう。

ふと、アラスカのホースシューレイクに行った時の事が頭をよぎりました。
特に似ている訳ではないんだけど。

私以外誰もいない早朝の湖。

7.JPG

白馬じゃないけど野生のムースに遭遇しました。

行く前に地元の人から「クマにあったら走っちゃ駄目だけど、ムースが向かって来たら走って逃げなさい」と言われていました。
距離を取り逃げ道を確保しつつも逃げるのなんてもったいなくて、美しい姿に見惚れていました。
野生動物と時と場所を共有した特別な体験でした。

8.JPG

御射鹿池は道路沿いにあって簡単には野生動物に出会えないだろうけど、観光バスでやって来て写真だけ撮って帰るのにはもったいない。その奥に何かを秘めている場所に思えます。



posted by マリ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

【六本木】ブラックニッカ香るバーでウイスキーの香りと出逢う

1.JPG

ブラックニッカが楽しめる期間限定のバーが六本木ヒルズにオープン。

3.JPG

2.JPG

このバーでは「香りに出逢うグラス」を使って香りを最大限に楽しみながらウイスキーを飲み比べたり、フルーツを漬け込んだウイスキーのハイボールを飲むことができます。

「香りに出逢うグラス」とは、ニッカウヰスキーとアサヒビールが共同開発してできた香りを感じやすい形状のグラス。

早速このグラスを使って3種飲み比べ。

4.JPG

「ブラックニッカ クリア」「ブラックニッカ リッチブレンド」「ブラックニッカ ディープブレンド」の3種類です。

一度グラスをまわしたら蓋をして30秒。
その後蓋を押さえたままもう一度まわし、蓋を取るとふわっと香りがたちます。

テーブルには3種のウイスキーの特徴的な香りのサンプルが。

5.JPG

「ブラックニッカ クリア」はりんご、「ブラックニッカ リッチブレンド」はあんず、「ブラックニッカ ディープブレンド」はバニラらしい。
そう言われてみると確かにそんな香りが感じられました。
ちょっと人工的な香りだけど参考になります。

お店の横には原酒や樽違いのウイスキーの展示スペースがあり。香りを嗅げるようになっています。

7 (2).JPG

7.JPG

面白い試み。勉強になります。

7月9日(日)まで東京・六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ」で営業中です。



posted by マリ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする