2017年07月21日

【青森】佐井村の散歩

1 (2).JPG

佐井村は下北半島の西側、つまり、まさかりの刃の部分にあるウニで有名な村。
今回は行けなかったけどぬいどう食堂のウニ丼は安いのにびっくりする位ウニが乗った凄いどんぶりらしいです。

村はとても静か。

5.JPG

4 (2).JPG

3.JPG

4.JPG

2 (2).JPG

2.JPG

2 (3).JPG

うにの他に有名なのがひじきです。
村を歩いていたらひじきを干している地元の方に出会いひきじの事や村のお話を聞かせてもらいました。

7.JPG

9.JPG

8.JPG

ここでもだけど日本各地でよく「前にも来た事あるでしょ?」と言われます。
大抵初めてなんだけどな。他にも旅好きで似た顔の人がいるんでしょうか。

歩いていたら小さなカフェを発見。

10.JPG

元地域おこし協力隊の男性が営んでいるカフェのようです。

11.JPG

12.JPG

店先の張り紙にほっこり。

13.JPG

小中学生だけでの入店はできないと言いつつ、学校の勉強や宿題を見て欲しい子はOKだそうです。

15.JPG




posted by マリ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大間で大間のまぐろを食べる

1 (2).JPG

函館の後はまた青森に戻りますが、青森港ではなく下北半島の先端、本州最北端の町・大間へ。

1.JPG

函館からフェリーでたった1時間半。

2.JPG

大間に到着。

3.JPG

4.JPG

マグロのモニュメント

5 (2).JPG

そばにいくつか土産物屋があるんですが、そこにガラス玉が売られていました。

6.JPG

一昔前に漁業用の浮き玉として使われていたガラス玉で、今はなかなか手に入らない。
ずっと探していたのでこんな所で出会えるとは!

5.JPG

個人的に嬉しかった出来事です。

ほんとの大間の漁港はここではないのでバスで漁港へ向かいました。

7.JPG

今は漁の時期ではなく静かです。

8.JPG

トイレのサインにもまぐろ。

16.JPG

大間でまぐろといっても私の行った5月は漁の時期ではなく、食べられるとしたら冷凍物でしょう。
もしかすると大間じゃなく別の海で獲れたまぐろかもしれません。
まあおいしければ何でもいいんですけど、せっかく大間に来たのでここは冷凍だろうと旬じゃなかろうと大間のまぐろにこだわりたい。

大間の本まぐろのみを使うとうたっている「浜寿司」さんへ行ってみました。

9.JPG

お昼の時間ではないのに大行列。

10.JPG

1時間位待ちましたが、全く後悔していません。

カウンターに通して頂きました。

11.JPG

13.JPG

フェリーの半券を見せるとプレゼント。まぐろの珍味。

14.JPG

見るからにおいしそうなまぐろのお寿司が登場。

15.JPG

大トロ2貫、中トロ2貫、赤身4貫、ねぎとろ です。

大トロ中トロは言うまでもなくとろける脂に感動。

トロは好きだけど実は赤身はそうでもなくて、赤身は4貫もいらないかなと思っていたんだけど、食べてみたらびっくり。こんなおいしい赤身は初めて。
上品なんです。
旬だったらどんなにおいしいんだろう、とつい強欲になってしまう。

関東からここまで来るのは簡単ではないけど、もう一度旬の時期に来てみたい。

-----------------------------
浜寿司
TEL:0175-37-2739
住所:青森県下北郡大間町大字大間字大間69-3
-----------------------------


posted by マリ at 07:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする