2017年09月05日

和菓子教室でうさぎ

鎌倉の創作和菓子『手毬』が主催する和菓子教室に行ってきました。

IMAG1013.jpg

9月の和菓子は「うさぎ」を練りきりで作ります。

材料はすでに用意されています。

IMAG1016.jpg

先生が丁寧に教えてくれるのですが、耳を作るのにハサミを使ったりと
とても難しくて苦労しました。

できあがりはこちら。

IMAG1021.jpg

3つ作って1つはその場でお茶と一緒に頂き、2つはお持ち帰り。

IMAG1025.jpg

いつも行っている北鎌倉の和菓子教室(たからの庭)は定員も少なく人気で予約を取るのが大変ですが
こちらは受け入れの人数も多く週に何度も開催されているので都合のいい時に参加できます。
手軽に和菓子作りができるのでオススメです。

posted by マリ at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ダイアログインザダークその2】人の目は気にしない

8月31日、外苑前のダイアログインザダークが幕を閉じました。
(オリンピックに向けての賃料高騰が原因というのが何とも悲しいです)

IMAG0910.jpg

その日は通常のプログラムは実施されませんが、新天地に向けてこれからもダイアログインザダークを
応援したい人に向けて最後の暗闇が解放されました。

私も少しだけ顔を出しました。

IMAG0909.jpg

受付後、何人か集まったらグループになって暗闇へ。
ちゃんと視覚障害者であるスタッフがアテンドしてくれるので安心。

IMAG0926.jpg

暗闇の中ではみんなでキャッチボールをしたり、バーでビールを飲みながら対話したり。
そうこうしているうちに太鼓や笛の音が聞こえてきてお祭りが始まり、
何も見えないけどすごく盛りあがった時間でした。


個人的に、2度目の暗闇はもっと自分自身と対話したいという思いがありました。

そうすると、
見えない、という事より、
見られていない、という事にフォーカスがいきました。

どんな表情だろうと泣いていようと誰にも知られない安堵感。
元々あまり人の目を気にするタイプではないと思っているけど、
それでも人からどう見られているか、どう思われているか、は気にしている。
多少は気にしないと社会の中で生きていけない、ってこともないか。
傷つく可能性からただ自分を守りたいだけかもしれない。
そういうものから解放されてすごくいい気分でした。

IMAG0914.jpg

外に出ると、興奮した参加者が各々話したり写真を撮ったりと盛り上がっていました。

IMAG0928.jpg

暗闇の中にいると不思議とそこから出るのがもったいなく感じてしまうのは何だろう。
光も尊いものだけど、同じように暗闇の尊さを教えてもらったダイアログインザダーク。
再開の日を待っています。






posted by マリ at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする