2018年06月01日

帝王切開翌日

帝王切開の翌日からやらないといけないことがてんこ盛り。

腸が動き出すのを待ち、
水が飲めるようになったら点滴を外し、
血栓予防のために足につけていたマッサージ機を外す。

次はいよいよ歩行練習。
上半身を起こすのが最初の試練。
リクライニング機能のあるベッドだからそれに任せればいいんだけど、
傷口も痛むし子宮が収縮する後陣痛も想像以上に痛くひとつひとつの動作が一苦労。
痛み止めは飲んでるけど、100%無くすことはできないみたい。

次のステップ。
ゆっくり足をベッドの横に出し勇気を振り絞り立ち上がる。
これは意外と楽だったけど、足を一歩一歩前に出すのが痛くて痛くてくじけそうになる。
もう1日くらい寝させて欲しかったけど、早く歩くことで傷の治りも早いからと看護師さんは容赦ない。
トイレまで10メートル、ゆっくりゆっくりなんとか歩ききりました。

トイレに行けるようになると尿道のカルーテルが外されます。
食事もできるようになったしシャワー以外は通常通りの生活に戻りました。

そして、ようやく小児科に入院している我が子に会いに行くことができました。

保育器に入れられたその子はすやすや眠っていました。
鼻からチューブを入れられ痛々しい姿ではあったけど、
2400gと思ったより大きくて、ちゃんと自分で息をしていたのが嬉しかった。
この時だけはお腹の痛みは忘れていました。

長い1日でした。


posted by マリ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする