2018年06月02日

早く生まれた赤ちゃん

35週で生まれた私の赤ちゃん。
生まれてすぐNICU(新生児集中治療室)に行き、
18日間入院しました。

IMAG0668.jpg

今思えば、NICUに入院できて良かったなと思います。

24時間専門のスタッフに見てもらえること
何かあればすぐ検査、治療してもらえること

産後の辛い状態で育児を始めるのはキツイし、
生まれたばかりの子の面倒を見るのは不安でいっぱいだと思います。
それを専門の看護師さんたちに見てもらえて安心できたし、
私自身楽をさせてもらいました。
将来グレそうになったら、
生まれた時どれだけたくさんの人にお世話してもらって生きられたのか、
話して聞かせるネタにもなりました。

IMAG0722.jpg

小児科の先生や若い看護師さんたちには本当に感謝しています。

初めてNICUに面会に行き、チューブを鼻から入れた痛々しい姿を見て
「早く産んじゃってごめんね」と言った時、
そばにいた看護師さんがこう言ってくれました。
「ママが守ってくれたから無事に生まれてこれて良かったね」

妊娠したと分かった時から絶対私が守るからと決意したのに、
果たして私はこの子を守れたのか?
そう自分を責めそうになっていた時だったから、
この言葉が本当に嬉しかった。
将来グレて無茶なことをしても、絶対守り続けるからね。

子供だけじゃなくママの心のケアまで考えてくれる手厚いNICUですが、
ひとつ気になっていたのが入院費用のこと。
24時間体制だから1日10万近くかかると聞いたことがありますが、
実際は驚くほど安く済みました。
日本の医療制度はすごい!
お金のことはまた書こうと思います。





スポンサーリンク

posted by マリ at 13:39 | Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする