2018年04月06日

【鎌倉】昭和46年創業以来のくずきりの味

鎌倉にある昭和46年創業の甘味処「みのわ」でくずきりを頂きました。

IMAG0119.jpg

IMAG0123.jpg

IMAG0121.jpg

くずきり以外も気になりましたが、お店がオススメしているのはくずきり。
注文を受けてから一人分ずつ作っているそうです。

IMAG0125~2.jpg

氷水の中にやや白っぽいくずきりが沈んでいます。

IMAG0126~2.jpg

葛粉というのは熱を加えると水分を吸収して白濁し弾力が失われていくそう。
だからできたてを食べるのがベスト。


黒蜜につけて食べるとつるつると喉ごしが良いですが、もちもちの食感。
とても上品で爽やかな味がします。

IMAG0129~2.jpg

目と鼻の先にある、こちらも出来立てで白玉を出してくれる雲母(きらら)さんがありますがすごい行列なので、あまりに並ぶなら諦めてみのわさんでくずきりを食べるのも悪くないと思います。

雲母へ行った時の記事
http://kaiganfu.seesaa.net/article/458241033.html?1523250055



スポンサーリンク

posted by マリ at 14:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: