2017年06月09日

出汁巻き卵サンドのお土産付き「割烹 船生」

スカイツリーのそば、本所吾妻橋にある和食の名店「割烹 船生」さんでお食事。
カウンターのみの店内です。

1.JPG

2.JPG

4 (2).JPG

3.JPG

自家製豆腐とえび ジュレがけ

4.JPG

のり真丈と真鯛 山椒

5.JPG

6.JPG

お刺身

7.JPG

八寸

8.JPG

茄子のたきあわせ

9.JPG

はまぐりのラーメンと焼きおにぎり

10.JPG

マンゴーのデザート

11.JPG

お酒は飲み放題のコースにしてもらいました。
よく飲みました!

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

22.JPG

お土産に、このお店名物の出汁巻き卵サンド。

12.JPG

八寸の中の1品としても出てきますが、事前にすればお持ち帰り用に用意してくれます。
マヨネーズと黒コショウの味付けが絶品でした。

--------------------------
割烹 船生
TEL:03-6312-7055
住所:東京都墨田区東駒形3-5-6
--------------------------


posted by マリ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

Flower Wine Night「大輪の芍薬と小粒な泡の微発泡ワイン」

青山フラワーマーケットの5月のフラワーワインナイトのテーマは「大輪の芍薬と小粒な泡の微発泡ワイン」

1.JPG

芍薬(しゃくやく)と言えば、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というように美人の代名詞として出てくるお花。

2.JPG

小さな蕾から大輪の花を咲かせる芍薬ですが、咲かない事もままあるそうなので、咲かせる為のお手入れの方法など教えてもらいました。
水をたっぷりあげ、固い蕾の時には優しくもんであげたり、蕾から出てくる蜜をふきんで拭き取ってあげるといいそうです。

こぶりの蕾からこんな大きな花が咲くとは。植物のパワーに驚かされる。

9.JPG

10.JPG

ワインは細かな泡の微発泡ワインが3種。

4.JPG

左から
イタリアのザルデット リゾーロ フリッツァンテ セッコ
フランス ロワール地方のレ・ヴァン・コンテ ぺティアン ナチュレル ポー ブロップ ウィズ
イタリアピエモンテのサンテロ ヴィッラ ヨランダ モスカート ダスティ

3.JPG

自然発酵のワインで、アルコール度数が低く甘めなのでお酒の弱い女性にぴったりですね。

5.JPG

6.JPG

食事は香りの楽しめるプレート。

7.JPG

サラダ、チーズ、ハーブなどのヘルシーなお料理でこれも女性に嬉しい。

お土産に3本の芍薬をもらいました。

11.JPG

赤のレッドチャーム、白のホワイトサランベール、ピンクのかぐや姫という名前だそう。
どんな花が咲くのか楽しみ。

8.JPG

そして後日、、、
赤のレッドチャームは見事に大振りの花を咲かせてくれましたが、残り2本は途中まで開いたけど全部開く前に枯れてしまいました。
なるほど、咲かせるのが難しいんだなと実感。
でも咲いた1本は100枚以上の花びらがハラハラと崩れていく様まで楽しませてもらいました。
散り際まで美しいのが美人です。




posted by マリ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

【品川】大人向けブルーチーズアイスのパフェ

会社帰り、品川のアトレにある「THE CITY BAKERY」に併設のレストランに寄り道。
夜は薄暗くバー仕様で昼間と違った雰囲気。
他にも一人のお客さんはいたけど、ほぼグループでガヤガヤしていて居心地が悪かったので、軽くデザートだけ頂きました。

1 (2).JPG

フルーツのコンポートとブルーチーズアイスのパフェ

ブルーチーズのアイスってなかなかないけどこれはおいしい。
ナッツの食感と風味もいい。下に入っていたベリー系のソースはいらないかも。
ワインと一緒に。大人のスイーツでした。

2.JPG

-------------------------
ザ・シティ・ベーカリー 品川
TEL:03-6717-0960
住所:東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 2F
-------------------------


posted by マリ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【はらまさ】トリュフご飯に痛風そうめん

088.JPG

曙橋の「はらまさ」さんですごい和食を食べました。
夜は12000円と16000円のコースがあり今回は12000円のコース。

1.JPG

飲み物のメニューはこちら。

2.JPG

3.JPG

青森の奇跡のりんごの木村さんの提唱する農法で作られたお米で作った日本酒をオーダー。

6.JPG

1品目。賀茂なす、ほたて、今だけの北海道のひめたけ、伏見のとうがらし

4.JPG

のどぐろの燻製揚げとヤングコーン

5.JPG

蟹の茶碗蒸し

7.JPG
蟹の身の他蟹味噌もたっぷり。

お刺身はきんめだいとひらすずめ

8.JPG
あんこうのきもじょうゆにたっぷりつけて、薬味と一緒にのりで巻いて頂く。

9.JPG

ちなみにこのきもじょうゆはおかわりOKだそうです。

10.JPG

日本酒に最高に合う。

お椀は穴子しんじょうと冬瓜

11.JPG

これが噂の痛風そうめん!

12.JPG

白子をからめたそうめんの上には からすみ、キャビア、いくら、うに
なんとも贅沢。

ますの木の芽焼き

13.JPG

極めつけのトリュフご飯。
たっぷりの黒トリュフ!

14.JPG

トリュフの香りがすごくてクラクラしそう。

15.JPG

2杯目は卵黄をかけて。

16.JPG

デザートはびわの梅酒ゼリーがけ

17.JPG

最初から最後まで息つく間もなく豪華食材のオンパレードでした。
こんなのしょっちゅう食べてたら痛風になるしお値段的にも頻繁には来れないけど、がんばった自分への御褒美にぴったりのお店。

-------------------------
はらまさ
TEL:03-5312-7307
住所:東京都新宿区片町2-2
-------------------------


posted by マリ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

【高田馬場】ひなたのとんかつ食べ比べコース

1.JPG

いろんな部位のとんかつを食べ比べできるとんかつ屋さんへ行ってきました。

2.JPG

リブロース・ロース・ひれ・しきんぼ・とんとろ・らんぷに加え、
付き出し、スープ、おしんこ、どんぶりまでつくコース。

4.JPG

まずはお通し。

5.JPG

じゃじゃーんと登場した今日のお肉たち。

6.JPG

上がリブロース、下がロースです。

7.JPG

まずはリブロースがあがってきました。

8.JPG

食べ方はシェフが教えてくれるのでその通りに頂きます。
テーブルにはソース2種と塩とオリーブオイル。

3.JPG

脂の部分をそのまま食べたら、残りにはオリーブオイルをかけて。

9.JPG

塩をつけてもいい。
豚の脂のおいしさを堪能します。

ロース

10.JPG

リブロースと同じ食べ方で。
ロースも十分おいしいけど比べるとやっぱりリブロースのおいしさが際立つ。

ここで日本酒を。とんかつに合うというお酒を出してもらいました。

11.JPG

福島の「自然酒 純米吟醸」
確かにすっきりとしてとんかつに合う。

続いてはひれ。

12.JPG

ほんのりピンク。脂がにじみ出てる。
トリュフ塩をつけて頂きます。

13.JPG

しきんぼ

14.JPG
外モモと内モモに挟まれた希少部位。

らんぷ

15.JPG

そして愛知産のキャベツが食べ放題なのが嬉しい。

16.JPG


とんとろ

17.JPG

ゆずこしょうとカラシで味を変えて。

18.JPG

お口直しのトマト

19.JPG

おつけもの

20.JPG

チャーシュースープ

21.JPG

とん汁

22.JPG

汁物はどちらか選べます。


最後にソースかつ丼。

23.JPG

ここに来て初めてソースのついたとんかつを食べることになります。

目の前で他のお客様のテイクアウト用にカツサンドを作っていたので
カツサンドも頼んじゃおうかな、と迷っていたら、サービスということでひときれ出して頂けました。

24.JPG

やっぱりカツサンドおいしい。
ありがとうございました!

いっぺんに食べ比べしてそれぞれの部位のよさがよくわかりました。
ちゃんとこだわったいい豚肉なのでなおさら。

3月にオープンしたばかりなので今ならそれほど混んでおらず
単品や定食もあるのでふらっと来ても大丈夫ですが
コースの場合は予約必須です。

--------------------------------
とんかつひなた
TEL:03-6380-2424
住所:東京都新宿区高田馬場2-13-9
--------------------------------

posted by マリ at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする