2017年08月22日

【仙台】かわいくて芸術的なスイーツ「カズノリ イケダ」

仙台のケーキ屋「カズノリ イケダ」のパティシエ池田さんはパリで修行し、震災をきっかけに仙台でお店を開店しました。
かわいくて芸術的なケーキが大人気です。

仙台駅から徒歩10分の「カズノリ イケダ アンディヴィデュエル 」にはイートインスペースがあるので食べていくことにしました。

3.JPG

どれにするか迷います。

4.JPG

ピンクのハートがキュートな「ピンクレディ」とレモンの甘酸っぱさがおいしい「プロヴァンス」を注文。

6.JPG

かわいく盛りつけてくれます。

結構甘みが強く、中に色んなものが入っていて食べ応えがありました。

アイスティもグラスもかわいい。

5.JPG

こちらは帰りの新幹線で食べたもの。

7.JPG

8.JPG

仙台に来たらまた食べたいスイーツです。

-----------------------------------------
カズノリ イケダ アンディヴィデュエル
TEL:022-748-7411
住所:宮城県仙台市青葉区一番町2-3-8
-----------------------------------------





posted by マリ at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧テイストのオスロコーヒー

東京を中心に現在8店舗ほど展開している北欧テイストのコーヒーチェーン。

IMAG0494.jpg

利用したのは横浜のザ・ダイヤモンド店です。

IMAG0499.jpg

エアロプレスでいれたやや深煎りの「キング」と、
ハンドドリップのやや浅煎りの「クイーン」の2種がメイン。

注文したのはカフェオレ「ロイヤル」

IMAG0500.jpg

ミルクたっぷりでまろやかな味。

IMAG0503.jpg

落ち着いた店内なのでゆっくり休憩するのに使えます。



posted by マリ at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

【石巻】生きていく町

これは石巻市内のオフィスにあった時計を写した写真のコピーです。

IMAG0489.jpg

15時58分で止まった時計。
何の時間かわかりますか?

津波がこのオフィスに来た時間です。

写真の持ち主は石巻に住む男性、ふくちゃん。
前回石巻に来た時にたまたま居酒屋で知り合い、3次会のフィリピンパブまでご一緒させてもらったんですが、震災当時の事もたくさんお話してくれました。

今回は日和山や津波でさらわれた沿岸を走りながらお話を伺います。

一眼 062.JPG

日和山公園から海を眺める。

こちらは前回の3月の時。

113.JPG

遠く向こうに日和大橋。
橋の上まで行けば助かったけど、大渋滞で上まで行けず助からなかった車が多かったそうです。
それで幽霊が出るなんて話が出て、震災後の一時期は通行止めだったと聞きました。

ふくちゃんは震災当日静岡に出張中で、その時を体験した訳ではありませんでした。
ですが戻って来た時、そこは地獄でした。

IMAG0491.jpg

いたるところから聞こえる「助けてー」の悲鳴。
川の真っ黒い水の上にはうつ伏せで浮いているものすごい数の遺体。
幸いご家族は無事だったけど家は流された。
泥に足をとられながら食料を求めて町をさまよう。
すれ違う人もみな空腹で、その目は生き延びるのに必死で通常とは違う目になっていたという。

ふくちゃんはとても明るく話してくれます。
生き抜いた人、これからも生きていく人の強さが見えました。

IMAG0492.jpg

石巻の人と話していると、話の途中にさりげなく震災の話が現れドキッとします。
近所の人はみんな死んだとか、仮設住宅の近くのお弁当屋がおいしかったとか、国からのお金の話とか。
こうしているとわからないけど、みんな津波を経験した人たちなんだ。
無神経に好奇心で聞いていると思われたくなくて、そこから先質問していいかすごく迷う。
結局聞かないのは、私はこの人が生き抜いててくれてこうして出会えてほんとに良かった、と思うから、それだけでもいいと思う。


ふくちゃんは最後、居酒屋でビールを飲みながら「こんな事はこれでもう十分。他のどこにも経験談してほしくない」「これからは恩返しがしたい」と話してくれました。

私には何もできないど、石巻にまた来たい。
石巻のよさを発見して紹介できたらいいなと思います。








posted by マリ at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

【石巻】オススメカフェ3店

石巻で訪れたオススメのカフェを紹介します。

@IRORI石巻

1.JPG

2.JPG

ただのカフェではなく「再生と革新のための交流の部屋」とのこと。
むしろカフェというよりシェアオフィスやギャラリーの他、交流イベントがメインのよう。

3.JPG

この日もアーティストとかクリエーターっぽい人が集まっていました。

----------------------------
IRORI石巻
TEL:0225-25-4953
住所:宮城県石巻市中央2-10-2
----------------------------

ACafe蓮(れん)

4.JPG

古民家の素敵カフェ。

5.JPG

居心地がよいです。

6.JPG

櫻井園の冷たい煎茶。

7.JPG

ランチには石巻の食材満載のプレートもあります。


----------------------------
Cafe蓮
TEL:070-1141-5238
住所:宮城県石巻市立町2-7-26
----------------------------

Bマンガッタンカフェ えき

石巻は仮面ライダーやサイボーグ009で知られる石ノ森章太郎の萬画館もあるマンガの町。
その石巻駅に隣接したカフェです。

8.JPG

9.JPG

店内から電車も見える。

11.JPG

金華山サイダー

10.JPG

金華山は牡鹿半島の先に浮かぶ島で、三年続けてお参りすれば、一生お金に不自由しないと言われている。
なぜだかシークワーサー味でした。

----------------------------
マンガッタンカフェ えき
住所:宮城県石巻市鋳銭場9-1
JR石巻駅構内
----------------------------

石巻市街からはちょっと離れてるけど、はまぐり堂とくさかんむりcafeがすごく気になる。
次回の宿題です。



posted by マリ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リボーンアート】個人的に印象に残ったアート3作品

リボーンアートフェスティバルでは鑑賞ツアーの他、個人でも1日かけて巡ってみました。
その中で印象的だった3作品をご紹介します。

@目 
repetition window

1.JPG

草むらをかきわけ1軒の家屋に入って行くと

2.JPG

3.JPG

どこかで見たことのある縁側。

5.JPG

4.JPG

6.JPG

ネタばれするとこれがバスになっていて、石巻の町へ走り出します。

7.JPG

これを見て欲しい。だからここに作品を作りました。と作家の方が言っていました。

8.JPG

南浜地区
津波の甚大な被害あったエリア

9.JPG

11.JPG

ここら一帯に津波復興祈念公園ができることになりました。
だからこの風景も変わって行く。

以前は海がぱあっと見えた場所。今は堤防ができて見えない。

10.JPG

右に人工の防潮堤、左に木々の防潮林。

12.JPG

バスはその間を進んでいく。

13.JPG

バスは1時間走り牡鹿半島の小学校跡地へ。
目的地に到着して初めてこんな外観だったと知る。

14.JPG

1回に8人しか乗れないので予約制です。
今しか見られない石巻を今見ておくべきです。


Aキュンチョメ 
2つの映像作品は他人ごとじゃない、自分への問いでもありました。

空で消していく
iPhoneのパノラマ機能と鏡を使って消したいものを消していくという映像作品。

16.JPG

ドンキを消したいという

15.JPG

他にも色々消したい人が出てきますが、お母さんを消したいと言った子がお母さんの絵を消そうとする場面があって、偶然なのか無意識なのか顔が全然消し切れてなくて胸が痛くなった。
消したいものってつまり何なんだろう。

空蝉
生まれ変わったら何になりたいかを宣言して蝉の抜け殻を潰す作品。

17.JPG

18.JPG

セミは土の中で7年を過ごす。今年は震災から7年目。
震災の時の幼虫が地上に出る時期なんですね。


B小林武史 × WOW × DAISY BALLOON
「D・E・A・U」

19.JPG

音楽と美しいバルーンのアート。

20.JPG

運よくたった1人でこの場所にいることができました。

23.JPG

インスタ映えしますね。でもこれが私にとってリボーンアート最後の作品。

ここまでに出会った作品や人や自分の思いを振り返る時間となりました。

22.JPG

夢の中にいるみたい。

21.JPG


他にもたくさんのアートがあり人によって何を感じるか、何がいいかは違うと思いますが、
今、石巻や牡鹿半島だから、のアートばかり。
ぜひたくさんの人に訪れてほしい。




posted by マリ at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする